アウデイTT GH−8NAUQ  FF1.8LTURBO 2005/01 初年度登録   

                                       2013/07/30 から所有 2018/12/28   UPDATE                


 MyLink 電動自転車改造   冷蔵庫製作   アウディTT    パイナップルライブカメラ   納豆製作

アクセスカウンター
着物着物宝石買取カラコンブランド買取【ブランドファン】

所有しての感想  AT、スプレー塗装、燃費、ガソリン、電源取り出し、Pナビの取り付け ECUチューニングなど

                                                                                                                           ja8oxy@yahoo.co.jp


 初めての外国車として、アウディーTTを選んだ。発売になったときから、気になっていたが

当時、外国車は買うことは出来ないと思っていた。それは、価格、保守費用などを考えての事です。

MR2に致命傷ではないのだが、不治の病が。。。(フレームの中にボルトでも転がるようにハンドルをきるとコロコロ音が)
ネットで捜したMR2も有ったが、年式の割には価格も高く
、どうしても、決定とはならなかった。

 ネットで捜し、6ATのグリーン系のTTを見つけた。値段は予定よりかなり安かったが、ATが気に入らなかった。

MT一筋、ATのロックするまでのタイムラグが気持ちとして、許されない。

デザインが重そうで、旧モデルの方が好みという事もあり、

しかし、試乗してアクセル全開で、一気に買う気持ちが高まり、その日の内にオーダーしていた。

       自宅の前にて                                生まれ故郷 60年前の生家は跡形もなく  

 めったに、目にする機会のないDグリーンM色の AUDI TT  

2005年  FF1.8Lターボ  形式はGH-8NAUQ

札幌の中古販売店のご厚意で、アウディーによる点検と塗装面にガラスコーティングを実施していただいた。

確かに、非常に艶があり綺麗だ。購入時の走行距離は4.8万キロ。まだまだ走れそうでした。


2019/07/05
6年前の購入時からリアのブレーキパッドが減っていたので、タイヤ交換時には確認していた。
まだまだ、使えそうだけど、とりあえず注文して置いた。購入から8万キロも走っているので
 
 今交換しても、廃車なるまで持ちそうだ。ローターの方は若干キズ
も出ているが、もう少し使える感じです。
スパナでは外れませんでした。13mmのメガネレンチかボックスが必要です。

まだ、厚みは有るし限界までは、もう厚みの半分くらい使えそうですね。


ステンレス板は限界お知らせの板です。交換しておきました。
綺麗なので。左は外したパッド右は新品です。



シリンダーのセンターを押して、右に回さないと凹まないので新しい厚みのある
パッドは取り付かない。私はシャコ万100mmを使って押し込み、シリンダーの側面
を自在プライヤーで挟んで右に回して押し込みました。


見えている側にブレーキ用のグリースを塗布して組み付けました。
完成したら、ブレーキを何度か踏み込んで、動作を確認します。
いきなり、走り出すとブレーキが効きません。



中古購入から6年、とうとう故障した。
エレクトリックスタビティランプとABSが点灯、ほとんど常時点灯している感じ。なんとなく右のフロントの

車速センサーの故障のようなきがしていた。ディラーに相談すると車速センサーなら3万円、ABSのコントローラーなら40万円と言われた。

VW AUDIの診断機を送料込みで 4480円ほどで購入し、早速診断した。



さっそく、センサーを送料込み5000円で購入手配した。タイやを外して、裏側にあるコネクタを抜いて交換できそうだが固着がひどくて取れず。

修理工場に持ち込みドライブシャフトをすらしてセンサーを破壊して取りだしてもらった。工賃1万円

次の車検まで1.5年、なんとか、このまま使いたいものです。もっともABSなど効かなくても、全く問題ないしね。

雪の急な我が家の坂道は、EPSボタンで解除しないと上れない時もあるからね。


タイミングベルトとウォータポンプなどの交換 2017/02/12 走行距離は11万キロ目前

 車検を近所のガソリンスタンドで7万円ほどで済ませ、浮いた予算で、タイミングベルトなどをネットで購入、およそ2万円ほど。

MR2時代に世話になっていた町工場へ交換をお願いして5万円で作業してもらった。

サスのゴムカバーも問題なし、ブレーキパッドも減りは無い。(ブレーキは使わない方なので)

交換したベルトやポンプもまだ十分使えそうな状態でした。意外と長持ちするようですね。

気になるのは、エアフィルターとワイパー位かしらね。

プラグはさすがに10万キロも走るとダメのみたいで、ミスファイアーを起こしていたので

ネットで購入して交換しました。オイルは1.5万キロで交換してます。

 

前回は、まちがって1.8万キロも走ってしまった。次回はフィルターを用意しておきます。

右のフリーサイズ対応のレンチでないと取れないようてです。それでもスペースがないのでキツく締まっていると
リフトでも無いと、大変でした。初回は、工場にこのレンチを持って行って、外してもらいました。


塗装  スプレー缶は LZ6E と言う色番号を指定すると20分ほどで、スプレー缶に詰めてもらえる。(オートバックス)

     驚きでした。価格はちょっと高めの2600円くらいです。 

 とりわり、ドア下は擦り傷が多発していて、その中に深いのが1ケ所、白くなっていた。キズ部をテープでマスクして

 スプレー缶で塗装してみたが、やはり凹んでいるので、いまいち良くないので、プラスチックパテを塗り

 小さな範囲で、ペーパーをかけて、塗装した。とりあえずどこだか解らなくなったのでOKと言うことにした。


 もちろん、シリコンオフ -   塗装 *3 −#2000ペーパー - クリア塗装 −#2000ペーパー コンパウンド - ワックスの手順

   

中古車なので、仕方ないし、北海道は、雪による擦り傷がつきやすいのだが、昨日、虫の死骸を除去していたら、フロントバンパー下側に

沢山の擦り傷を発見、運転席側は正面から見える位置まで付いていたので、補修開始した。    

    

 こちらは助手席側(キズ少ない)      色番号LZ6Eで塗装後      クリアを吹き付け、磨いていない      #2000ペーパー後コンパウンドで

 サンドペーパーしてパテ塗り乾燥  #2000サンドペーパー+コンパウンド                             磨きました。クリアの圧力減り

 サンドペーパー後プラサフ塗装    赤丸は何かにぶつけて穴あきですね。                     一部に鮫肌が。。


買ったときから、気になっていた助手席ドアのキズ、コンパウンドだけでは消えない、ちょっと深めのキズ

初回、タッチペイントで直らないかと、試した後が最左写真、下手です。ほんのわずか薄くなっただけ、めんどになり

スプレー塗装しちゃいました。手順は同じ、プラパテ、ペーパー#2000で表面を整え、プラサフ、塗装*6、ぼかし材、

#2000、コンパウンド、クリア塗装*3ぼかし材、#2000、コンパウンド

   

    元の傷                    タッチペイント後 ダメでした。                 スプレー後                   


2013/09/24 札幌のTTを販売してくれた会社の社長さんが、冬タイヤ一式を運んできてくれた。

ダンロップのDSX−2が付いていて、残り6mmほどあるので、今シーズンはこのまま使えそうだ。

4本とも、ホイールの塗装が剥離しており、1本はアルミホイールのエッジが削れていて、タイヤのサイドに

キズと言うか削られている。アルミパテで修復中である。

 
アルミホイール専用のシルバー塗料¥2300ほど、右はまだ磨き前の塗装後の状態

色が合わないかと思ったが、全く問題なく使えます。(一応スポーク部分は全部塗装、途中にすると色違いが目立つ

もちろん、サンドペーパーとかサンダーで浮き塗装を排除して、均一な表面にして、シリコンオフで脱脂後

サフェーサを吹き付け、塗装を3ー5回ほど行う。#2000で磨いてからコンパウンド、その後クリアを塗装

#2000とコンパウンドの予定。うまくいくと、意外と楽しい。

アルミホイールパテヲ塗ったところを削り、補修したいのだが、アキレス腱を切ってしまい

動けない。。。しばらく、どうにもならないです。


2.燃費とガソリンと走行について 

近所の人も、静かですね、帰ってきたのが判らなくなったと言われます。近所もMR2うるさかったのね。
それでも、ご近所さんの車に比べると、遙かにうるさいです。

燃費はCR-Xには遠く及ばず、平均的にMR2の方が市内で4km以上良いかな、長距離も2km以上良さそうです。

 ちなみに、ガソリンはレギューラを使っている。私はハイオク信者ではないので、エンジンが壊れることはないし

大きな効果はないと考えている。

 燃費表示では市内で6km/L、長距離でがんばって、11km/L+かなと言うところ

とにかく、アクセルを踏むと3.4とか5.8Km/Lとか恐ろしい数値が表示される。

 ヨーロッパのオクタン価は日本より高く95くらいで米国は88−89と聞いている。(最近調べたら91 - 93AKI)

単位が違うとかで換算したらアメリカの方が高いとか、はっきりしない。

ハイオク仕様のCR−Xは34万キロ MR2は18万キロ全く問題なく走行した。ともにエンジンが壊れて

入れ替えた理由ではない。また、最近のトヨタ車なども、レギュラーで走ることが出来ると明確に書いてある。

デジタルスピードによるECUチューニングの指定につき、ハイオクを入れてた。

燃料が1/3になったらレギュラーを入れる予定。

このページの一番下に結果の詳細などを書いてあります。

高速道路では、180Km/Hの国産車とは違い、さすがに余裕です。

ちょっとオーバーだけど、逆輸入のリッターバイクに似た感覚を持ってしまう。

 CR−X、MR2では、恐怖すら感じる、山のカーブも何故か高速で、安定して余裕で走れる。

トレッド幅が広いから?よくわからないけど、どうしてこんなに違うのか?

コーナーの中過ぎからアクセルONで気持ちよく、通り抜けていく。

今のところ、そんな印象です。


電源の取り出しについて

運転席のダシュボードの右の端の側面にフューズボックスが有りますので、fuseの片側のプラスチック

をけずり、ハンダでリード線をつけてから、エポキシで固めて、電源をとりました。常時電源とキーONで

12Vの取れるタイプを2本、アースを1本です。

それで、レーダー、ナビ、ETCを取り付けました。

 




その他 不具合など

 ドアの厚みがかなりあり、それに伴って座席と外の地面が遠く、荷物を持っての乗り降りが

大変ですね。とりわけ、足の不自由な場合、ギックリ腰になったときは大変そうだ。

いまでも、ドアステップに手を付いて降りると楽だったりします。また、狭いところでドアを少し開けて

降りようとすると、ステップにキズが付きます。

 エンジンの高さが有るのか、ボンネットが高い。

従って、前が見づらい。シートを高くできるが、さほど、良く見えない。

車高も高く、サイドウインドウの位置も高く最近の軽自動車みたいだ。

不具合なのか?

  -1  窓ガラスが2pほどを残して、閉まらずに止まってしまった。ドアのスイッチを何度

     操作してもダメ。エンジンを停止すると、助手席は、直った。

     運転席側はリモコンでドアロックして、ロックボタンを長押して、解決したが。。。どうしたんだろ?

    -2   朝、釣りに行こうと、荷物を積むのに、リアゲートボタンを押しても、反応無し、隣の給油口ボタンも同じ

     急いでいたので、そのまま、港の駐車場に5:00−11:00まで放置

     帰りの荷物を積み込むのに、ボタンを押したらカチンと動く、制御CPUでも狂ったのか??

    -3   自宅から、発進して50メートルほど緩い下りをすぎると平らになる、そこでアクセルON

     あれ?、吹け上がらない?、何これ?MTモードからPに入れてみると、吹け上がった。

     その後は正常に。。

アキレス腱痛が発生

  CR−X、MR2ともに、両車とも、床に座った状態で運転する感じ、TTはイスに座った感じなのに、前方視界が悪いので

  座席を前方に、座席を高めにセットして運転するがそれでも視界は良くないのだが、この状態を1ケ月ほど続けていたら

  右アキレス腱が痛くなり、病院へ通ったが、痛い注射してもさほど良くならず、原因は使い過ぎとネットに書いてある

  特に運動もしていないし、ヨーク考えたら車が変わったのを思いついた、アクセルへ足を乗せているときに、アキレス腱が

  伸びた状態になっているのに気が付いた。先日からイスを下げて、後方にづらして、つま先で踏むようにした。少し

  改善してきて、歩けるようになってきました。年のせいか。。。

アキレス腱断裂

  右のアキレス痛を発症してから(アキレス腱付着部症)、3週間後くらい、釣りに出ようと朝早く港のボート置き場で、クレーンまで

  ボートを移動させようと、押したら左足のアキレス腱が切れました。手術して2ケ月で、なんとか普通に歩けるように

  なりましたが、まだまだ完治とはいきません。


ECUチューニングについて

@NEUSPEED     ADIGI−TEC     BDEGITAL SPEED などエンジンの制御コンピュータの
データーを変更して、パワーアップできるらしい。

しかも、通常の運転では、燃費が良くなるとか。(本当か?)

変更作業に時間がかかるのと、地元では出来ない。

ハイオクでないと問題が出るとか(疑問があるが)

面倒な問題もある。35Psとトルクアップのプラスは魅力でもあるが、今でも、さほど不満もないのだが。。。

デジタルスピードの説明ホームページを見ると

180Ps  ->    215Ps         

235 Nm at 1950 rpm  ->  320Nm/1850rpm

と出ている。価格は車種によってかなり違う。私のTTは11万円弱

 最近、友人が2000ccのTTをECUチューニングした。こちらは200Ps -> 260Ps     270Nm ->370Nmと圧倒的です

加速力は、劇的に変化したと言ってます。燃費も10kmから13km当たりと、変わらないようだ。レギュラーを

半分ほど混ぜたてみたら、「気のせいか、アクセルとエンジンのダイレクト感が希薄になったようです」と報告を受けました。

しかし、どうやら気のせいだったらしく、現在100%レギュラーで問題なく快適に走っているとの事、連休に長距離で13.2km/Lだったと報告を受けた。


私もまねて、DEGITAL SPEED によるECUの調整を2013/9/4に行いました。

180Ps−>215Psなので、2割ほどなので、体感的には圧倒的ではないけど、

何となく、パワーアップしたかなです。

変更する前に6速70−120km/hの加速時間を記録した。6回ほど測定して平均15秒

デジタルスピードでチューニング後は、13秒と言うところです。さほど正確ではないので、
参考程度の話としておいてください。意外と、この測定は難しい。6速なので、道路の勾配の影響が響く

アクセルをいきなり全踏みすると、マニュアルなのにキックダウンするし。

友人の2L_4WD(デジタルスピード済)は11.1秒だったと報告を受けているので、そんなものかも知れない。

 体感的には2速で加速時に背中への感じるGが力強くなり、長時間続くように感じます。

さらに、3,4速でも感じることができるようだ。(以前は2速のみ感じていたと思う)

6速ではちょっと、加速がもたつく緩い坂では、まあまあ、問題なく加速していく気がします。

CPUの学習機能?そんなものが有るのか知らないけど、チューニング後3ケ月位してから

だんだん、パワーが出てきた気がする。チューニング直後より明から力強い。

そんなことが起きるのかな信じていなかったけど、チューニングショップでは、確かそんなことを言っていた

 片道60kmの田舎へ行って来た。(信号は片道で12ケ所、標高300m)

今回は省エネ運転に徹して走ってみた。(ちょっとウソ)

ハイオクを満タンにしてからすぐに、出発した。ドライブコンピュータをリセットした燃費計で

120kmの距離にて、14.8km/Lをマークした。デジタルスピードのチューニングは、

燃費の悪影響はないようだ。かえって、燃費は良いような結果が出ている。

なにしろ、今までそんな数値はみたことない。

 ハイオク満タンから、1目盛り減った状態で、レギュラーガソリンを17gほど入れた

綺麗に混ざれば、オクタン価97位になるはず

この状態で、隣町まで走る用事ができた。ハイオクの時は12.4Km/Lとなった。

 今回、2速3速の加速はまったく変わらず(計測していないので感覚だけ)

4速での加速も弱いながら背中にGを感じるので、変化なしのようだ。燃費も12.5Km/Lと誤差の範囲

とりわけ、低速度と言うか低回転のときに影響が出やすいとは思うけど

私の感覚では、何も変わらないようだ。

  次に23g入れるとオクタン価94になる計算なのだが、タイミング悪く

レギュラーを18Lほど給油した。オクタン価94.5となっているはず。

この状態で、長距離走行状態で210Kmほど走ったが、まったく異常なしです。

給油してみたら12.4Km/Lでした。

  次に17gを給油(レギュラー)これでオクタン価93.1くらいになっている計算

まったく、普通に走っているようだ。アイドリング、低速でも、ノッキングなどの症状は出ていない。

友人の2L_4WD(デジタルスピード済も現在はオクタン価は90.3らしいが問題ないとの報告を受けている。

 2013/10/08に33gを給油(レギュラー)これでオクタン価91.3くらいになっている計算

アイドリング、低速でも、ノッキングなどの症状は出ていない。

気持ちのせいか、加速が悪いような気がしたが、アキレス腱を切って、手術後のため

シート位置を変更したことによる、踏み込みの違いかも。

全力で踏み込んだら、同じみたいだけど。なんとなく違和感。


とうとう、オクタン価90.3まで下げたガソリンも減ってきたので、ハイオクの効果を再確認しようと

ハイオクを40リットル入れた。計算上97.3位のはず

近くのホームセンタ−まで、出かけた、2速の加速がアレ違うと感じる、タイヤをスタッドレスに

換えたからかな?。

翌日、片道55kmほどの自宅へ走った。アレェー・今までと違うなと感じるのが3回ほど

さほど、飛ばさなくても、何か違う気がする。全体になめらかで、加速もいいようだ。

定量的なデーターは何もないので、気のせいかもしれない。ハイオクを馬鹿にしていたけど

やや、見直したかな?次回、レギュラーを一気に40リットル以上入れたら

違いが体験できるかな?(今まではエンジンの不調が心配で、少しづつ、オクタン価を下げていたので)


 その後、レギューラーを入れてオクタン価94で走行、その後オクタン価98までにしたりを繰り返してみた。

残念ながら、確かにオクタン価98位まで上げた方がエンジンがなめらかだ。

パワーがアップしたとは感じられないが、回転の上昇とか、加速感が、なめらかと感じるのは間違いないようだ。

 本当にレギュラーだと、滑らかさに欠けるのかと、レギュラーを給油してオクタン価92くらいにした。

ところが、今回は別に何とも代わり映えがしない。ハイオク −>レギュラーは変わらず

レギュラー −> ハイオクは変化を感じやすいのか???


最近は、オクタン価が97より下がらないように、レギュラーガソリンを入れている。

消耗品なので、なるべく安いものにしたいと思っている。97以上だと、加速の滑らかさとか

エンジン音での違いは感じないようです。


札幌と近郊を所用をかねてドライブ500km近く走って、台風が近づいているので、鉢植えの片付けもあり、別荘に宿泊し

翌日、帰宅しようとしたら通行止め、ガス欠に近づいているので村のガソリンスタンドへ行ったらハイオクは無いというので

レギュラーを10g給油、残量から考えるとオクタン価は95前後のはず、低速でやはり調子が良くない。

いつものスタンドで39Lのハイオクを入れて、調子が戻ったようだ。


1.  市内のスパーへお買い物などにのみ、使っていたら(2km以内の移動)では、5〜6Km/L 
ってところ(4Km/L台もあり得る)

2.  片道12Km の郊外を含む市内走行では9−10Km/L程度

3. 全くの郊外を信号停止もほとんど無く 60Km/h +/- で走れば12〜13Km/L位

  は走ってくれる。ごくまれに14km/Lになるかも。 過去最高は16km/Lでした(燃費計よみ)

4.  高速道路を 100km/h +/- で走ると 11km/L台 のようです。

基本はマニュアルモードにて使ってます。  なぜか ATの6速よりMTモードの6速の方が回転が低い。
(6速以外は同じようです)

加速時はATでも良いと思うけど、減速時にはブレーキへの負担が大きいような気がして、MTモードにして使っている。



私の結論
デジタルスピードによるECUチューニング 
10万円ほどの、お金に余裕が有れば、おすすめです。給排気などにお金をかけるより

圧倒的にパワーアップしますし、燃費も悪くなりません。


バッテリーが老衰らしい。2014/01/04


購入当初から、バッテリーが怪しいと感じていたので、ネットでTTようのバッテリーを
調べていた。とうとうホームセンターの駐車場でいきなりアウト!


MR2で使っていたバッテリーを取り付けようとした。星形ネジ2本と、
13mmのボルトを1本
を取り外ししないとダメなのだ。
深いところにあり首の長いドライバーとレンチが必要だ。

 手持ちの星型ビットを手持ちの工具を組み合わせ、取り外した。

バッテリーケースの上部に訳の分からない、電力ケーブルコネクタが付いている。
蓋を外して持ち上げて

バッテリーを交換。すっぽり入るのだが蓋がしまらないし、固定もできないのだ。

バッテリーの底にフランジの様になっていて、引っかけるらしい。とりあえず仮止めして使う。

底にフランジのような出っ張りが見えます。

バッテリーをネットで注文して置いた。充電器につないだらグリーンレベルに入るのだが

次の日には、黄色に入ってしまうようだ。

1週間後にBOSCHのバッテリーが到着

PS-I Battery  PSIN-6C 【11,400円】が届いた。

実験用のシールドバッテリーをつないで置いて交換した。

従って、時計、ドライブCPUなどは記憶を保持したままなので便利です。

鰐口クリップのリード線にて、バッテリーの取り付けボルトに挟んで置いた。


2019/01/24
1週間くらい車庫に入れておくと、始動時のモーター音が気持ち弱いよーな
気がしてきたので、バッテリーを注文すると同時に
トランクにケーブルと小型のバッテリーを積んでおいた。
1週間弱で新しいバッテリーが届いた。
(外したバッテリーはモーターボートに使っているが問題なし)

11864円なりのバッテリーです。
交換するときに、13mmの長いレンチにするのにジョイントしたところから、
外れて落ちてしまったソケットは、
ちょうど見えるところにあったので、アルミ棒に磁石を取り付けて、引き上げた。
ところが、今度はバッテリーの底のフランジに引っかける。プレートを落としてしまい。
これが見つからない。
おそらく、下のカバーの上に落ちているかと思うが、スネークカメラでも発見できず。
夏なら、台の上に車を上げて、カバーを外すのだけど、
今回は適当な鉄板があったので、加工して
プレートを作って止めておいた。
ウエスなどで、下に落ちないように保護すべきであったと反省。


2014/04/03からドイツへ旅行に行った。毎日アウトバーンを大型バスで数時間の移動が続く。

アウディ、VWのワゴンタイプとセダンがほとんどだ。マツダが以外にがんばっている。ロードスターは人気のようだ

プリウスはほとんど走っていない。丸いシビックをたまに見かける。SLKと911が以外に多い。

圧倒的な速度で飛ばしているのは911だ。SLKは女性が運転しているのを見かける。

TTは新型、旧型を含めてもかなり少ない。1日に5台以上見かけたら多い方。

ガソリンは145−155ユーロなので200円以上みたいだ。それにしても、速度制限なしの道路が無料はうれしい限りです。


ゴリラ CN−GP740D の取り付け

以前はMR2から引き継いだソニーの5インチナビを吸盤でダッシュボードに取り付けていた。

若干、前方視界の邪魔にはなるが、我慢できる範囲だったので、使っていたが、
タッチパネルの一部が不良になり、
更新して7インチにした。
さすがに、これをダッシュボードに取り付けるわけにも行かず、
悩んだ、エアコン吹き出し口に挟み込む形で取り付けた。



 
上は市販の取り付けアダプタ ナビ取り外しのリバーを動かす穴を開けている・


4mmの厚さのアルミをカットして製作。内円は半径41mmの円で丁度、
吹き出し口のカバーを引っ張り出して、中に収まる。

外円は51mmにしたが、これは強度の問題なので、適当でも良いと思う。
水平方向にカットするので折り曲げてネジ止めする

糊代の様な部分が必要なので注意が必要。本体の取り付け取り外しのレール部分は、

ゴリラようのモニターアダプタなる物が

1000円以下で売っていたのでネットで購入して、
取り付けようとしたが、取り外しレバーがないので、
分解して板バネに銅板をハンダづけして、外から押せるように取り付けた。

 右の黒いアダプタにドリルで穴をあけて3mmのネジで止める。

現在上の図のアルミヒートシンクは使わず、市販のアダプタを使ってます。

これでも、まだ若干画面が揺れるが、我慢できないレベルではないので

しばし、このまま使います。